痔が痛いと感じたら早めに病院で診察してもらおう

痔になる人は多く、痛いと感じながら日常生活を過ごしている人は大勢います。そんな痔で悩んでいる人は、まず早めに病院に行き、早めの治療を行う事が大切です。そして大切な事は、患部を温める事です。お風呂に入った時には、少し熱めのシャワーで患部を温めたり、普段座る際にも患部を温めておく事が大切です。これは温める事で血行が良くなり、患部のうっ血した状態が改善されるからです。また、アルコールや辛い物等の刺激物を摂取しない事、力まない事、便秘にならない事も、日常生活において大切になってきます。女性の多くは便秘になる人が多いので、特に便秘にならないように気を付ける事が大切です。市販でも、効果のある軟膏の薬が多く売られていますが、あまりにも痛いと感じるのであれば、病院で診察を受ける事が大切です。しかし痔には様々な種類の症状があり、症状によって対応が違ってくるのもあるで、あまりにも痛みが改善されない場合には、病院に必ず行く事が大切であり、病院の先生の指示に従った日々のケアが必要となってきます。また、日頃からの意識付けをする事でも予防は可能となってくるので、常に意識しながら日常生活を送る事が大切となってきます。

痔の軟膏の種類について

痔の軟膏にはいろんな種類があります。市販で購入できる軟膏も2つの種類があり、一つは副腎ステロイド入りともう一つは軟膏です。市販薬は症状が軽度の時に使うようにしましょう。2週間程度使用しても症状が軽くならない時は、病院へ行く方がいいです。脱肛もなく出血もなく軽度な場合は非ステロイド系薬でいいでしょう。出血がひどい場合は、止血剤成分を含む薬を患部にぬるのがいいです。7日程度止血剤を使用しても止まらない場合は病院へいきましょう。脱肛は繰り返すが疼痛はなく慢性の場合は非ステロイド系薬を使用でいいです。使用期間は2ヶ月を目安にしましょう。脱肛があり裂肛に伴う激痛がある場合は、ステロイドの含有量が多いぬり薬がいいです。炎症が強い場合は抗生物質も服用しないといけないので2週間位様子をみて効果がなければ病院へいくようにしましょう。急に切れ痔になった場合は、非ステロイド系で局所麻酔含有のぬり薬が効果があります。この急性裂肛の場合はステロイド含有は裂肛の治癒を阻害する場合があります。肛門狭窄を伴う慢性裂肛の場合は自己治療は難しいです。病院へ至急いった方がいいですが、緊急の措置としては非ステロイド系で局所麻酔含有のぬり薬が効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*