軽い痔には軟膏がよく効きます

酷い下痢などで、肛門がヒリヒリする時は、薬局で販売されている市販の軟膏を使うといいです。病院に行って自分にあった軟膏を処方されるのが1番良いと思いますが、忙しくて病院へ行く時間が無いのなら、大変お勧めです。痔の軟膏の成分には炎症を鎮めるステロイドが含まれている物を買うと良いでしょう。やはり、ステロイドが入っていると言う事は、かなりキツイ薬ですので、ご自分の体質にあった物を選ぶといいですね。薬局に薬剤師がいる場合は恥ずかしがらずに、聞く事をお勧めします。使い方ですが、綺麗に洗った指先かガーゼを巻いた指先に薬を第一関節ぐらいまでつけて優しくたっぷり塗って下さい。ステロイドが入っている場合、塗った瞬間から、麻酔が効いた様に、痛みを感じなくなります。ここで一つ注意ですが、塗るのは1回だけではなく、トイレで大便をする度に塗る様にして下さい。やはり、お尻を拭くたびに薬は取れてしまいますので、その都度塗るようにして下さい。痔が10日程使ってもなかなか治らない時は、病院へ行きましょう。痔と言う物は、成人の半数以上がなる病気です。男女の差もなく10代や20代にも大変多い病気です。中高年の男性が患う病気と見られがちですが、人間であれば誰にでも起こりうる病気なんです。

痔の軟膏の種類と選び方

痔にもいろいろな種類があります。市販されている軟膏にもいろいろな種類があるため、自分の症状に合った軟膏を使う事が大事なのです。例えば、ステロイドが含まれているものと含まれていないものがあります。ステロイドが含まれているものは、痛みが強い場合や、出血が多い場合に使用するケースが多いのです。しかし、ステロイドが含まれている軟膏は、漠然と長期間使用するのには向いていません。毎日長期間根気よく塗る場合は、ステロイドが含まれていない物を利用すると良いのではないでしょうか。詳しい事は、肛門科の医師に相談すると分かりやすく丁寧に教えてくれるので恥ずかしがらずに積極的に肛門科へ足を運び医師の相談を受ける事も大事な事なのです。一度痔になってしまうと、症状の度合いにもよりますが中々完治しません。軽度の場合は、何もしなくても治ってしまう事もありますが、少し酷くなってしまうと薬を塗らないと完治しなくなります。重症化してしまうと市販されている薬だけでは治らなくなってしまうため心配な場合は、早急に肛門科へ行き肛門のプロである意思にしっかりと相談する事が非常に大事な事なのです。医師には自分の症状をしっかりと使えるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*